PowerBI初心者が気象官署別気温をグラフ化してみた③

都道府県を選択するためのスライサーを追加

スライサー

フィールドに「都道府県」をドラッグ&ドロップで入力

フィールド

スライサーの書式設定を変更

①値のフォント:10⇒15
②スライサーの種類:一覧⇒ドロップ

スライサーの書式設定

スライサーの順番を並べ替え

スライサー内の都道府県がばらばらに並んでいるため、札幌~那覇の順に並べ替え

【手順】
 ①左のデータをクリック
 ②都道府県の列を選択
 ③列で並べ替え - インデックスを選択

列で並べ替え

左にあるレポートに戻ると札幌~那覇になったので、完了です。

気温のグラフを作るため、折れ線グラフを選択

折れ線グラフ

X軸に月、Y軸に気温をドラッグアンドドロップする

X軸Y軸設定

Y軸に選択した気温の下矢印をクリックし、平均に変更する

平均

月の表示形式を変更

下に表示されている月が、「2、4、6 …」となっているので、「2月、4月、6月 …」となるよう変更

表示形式を変更

左にあるモデルを選択し、書式設定を変更

【手順】
 ①データ型  :整数
 ②書式    :カスタム
 ③カスタム書式:0月

表示形式

作成したPowerBIを保存して完了

名前を付けて保存

実際に使ってみて、データの加工・編集のやり方、グラフの選択・見せ方など自由にできるため、創造力が必要だと感じました。

視覚的に分かりやすくするには、データをどのように加工するべきか、どのグラフを使って見せるのが良いかということを考えて作業することが大事なようです。

まだ知らない機能が数多くあるので、これからもPowerBIで作成してみたシリーズをアップしていきます!

この記事をSNSでシェアする