PowerBI初心者が気象官署別気温をグラフ化してみた②

②PowerQueryでデータの加工・編集

PowerBI初心者が気象官署別気温をグラフ化してみた①で取得したデータを
PowerQueryで加工・編集していきます。

作成方法は様々ありますので、こんなやり方で作ったのか~くらいで考えていただければ幸いです!

PowerQueryの記事も併せてご覧ください⇒ Excel Power Queryの使い方と導入メリット

Power BI Desktopを起動し、該当のファイルを選択する

  【Power BI Desktopの入手方法】
    Microsoft StoreでPowerBIと検索 - 入手をクリック

PowerBIinstall
PowerBIファイル選択

該当の表を選択してデータの変換

PowerBIデータの変換

PowerQueryエディター内で加工

PowerQueryエディター
  • 上位の行の削除

  不要な空白行が2行あるため削除

上位の行の削除
  • 下位の行の削除

  不要な空白行が下から数え4行あるため削除

下位の行の削除
  • 列の選択

  空白列などの不要な列のチェックを外し、列削除

列の選択
  • 1行目をヘッダーとして使用

  1行目をヘッダーにすることで、月の名前が入力されていた行を列名にする

1行目をヘッダーとして使用
  • 上位の行の削除

  空白行のため、1行目を削除

上位の行の削除
  • 列名を変更

  列名をダブルクリックし、分かりやすい列名に変更

列名の変更
  • インデックス列を追加

  「列の追加」タブ – 「インデックス列の1から」を選択

インデックス列追加
  • 列のピポット解除
  • 列名の変更

  1月~12月までの列をShiftを押しながら選択して、「変換」タブ – 「列のピポット解除」

  列名を分かりやすい名前に変更

列のピポット解除
  • インデックス列を先頭にする
インデックス列を先頭
  • 型の変換
  • 表示形式を変更

  月の列を日付型に変更し、月のみが表示されるように設定

型の変換

これまでの作業手順がPowerQueryエディター内の右側に表示されます。

powerqueryエディター
  • 閉じて摘要

  「ホーム」タブにある「閉じて摘要をクリックし、PowerQueryを終了

閉じて摘要

次回は、「PowerBIで気象官署別気温をグラフ化してみた③

PowerQueryで加工したデータを使い、PowerBIでグラフを作成していきます。

この記事をSNSでシェアする