ブラウザーを使用するときの初期設定

Webブラウザー関連のタスクを自動化しようとPower Automate for Desktopを使用するには、
それぞれのブラウザの拡張機能をインストールする必要があります。

今回は、Chrome・Microsoft Edgeの2つの設定をご紹介します。

新しいフロー名

Chromeの場合

Google Chromeを選択

 ツール > ブラウザー拡張機能 > Google Chromeを選択

設計画面

拡張機能をインストール

 Webページが表示されたら、Chromeに追加を選択し、拡張機能をインストール

拡張機能インストール

インストールを確認

 拡張機能を追加を選択して、インストールを確認

拡張機能インストール

Google ChromeがPowerAutomate でうまく機能動作するには、Chromeが閉じているときに実行中のバックグラウンド アプリを無効に設定します。

設定 > システム > Google Chromeを閉じた際にバックグラウンド アプリの処理を続行するの横にあるスライダーを無効にします。

これでChrome拡張機能設定は完了です。

拡張機能インストール

Microsoft Edgeの場合

Microsoft Edgeを選択

 ツール > ブラウザー拡張機能 > Google Chromeを選択

設計画面

拡張機能をインストール

 Webページが表示されたら、Chromeに追加を選択し、拡張機能をインストール

拡張機能インストール

インストールを確認

 拡張機能を追加を選択して、インストールを確認

拡張機能インストール

Microsoft EdgeがPowerAutomate でうまく機能動作するには、Edgeが閉じているときに実行中のバックグラウンド アプリを無効に設定します。

設定 > システムとパフォーマンス > Microsoft Edgeが終了してもバック グラウンドの拡張機能およびアプリの実行を続行するの横にあるスライダーを無効にします。

これでMicrosoft Edgeの拡張機能設定は完了です。

拡張機能インストール

この設定を完了した後にWeb関連のフローを作成します。

RPAノウハウは、Power Automate作成担当者がフロー作成中にエラーになり、
困ったことの解決策や小ワザを紹介していきます。皆様のお役に立てれば幸いです。

この記事をSNSでシェアする